■ご訪問者数:9138077

コラムを読む

医療現場からのアドバイス 北海道新聞夕刊で月1回連載

高齢者の『てんかん』その2

Text by 函館西部脳神経クリニック 小保内 主税  院長

前回、高齢発症の「てんかん」患者さんが、認知症として治療されることがあるということを書きました。今回は、最近、老年医学や認知症診療の専門家の間で話題になっている、もっと分かりづらい、本人はもちろん、そばで見ている家族にも分からない「発作」について書きます。 「一過性てんかん性健忘」と呼ばれているものです。主に初老期以降に …

続きを読む

現在のリウマチ治療

Text by 道南リウマチ・整形外科 北村 公一 院長

関節リウマチは喫煙や歯周病などの生活環境や加齢に伴うホルモンの変化、あるいは遺伝的要因により関節内に炎症が起こることが最近の研究で明らかになっています。具体的には体を構成しているタンパク質がいろいろな作用により異常なタンパク質に変わり、免疫は排除しようとして炎症が起こります。 関節は関節包で覆われていますが、内部には滑膜と呼ばれ関節液を作る薄い膜があり …

続きを読む

みんなの健康コーナー 北海道新聞地域情報板「みなみ風」で月2回連載

飛蚊(ひぶん)症・光視症

Text by 江口眼科病院 診療部長  松下 知弘

帯状疱疹(ほうしん)は、体の抵抗力が落ちると、自分の体の中に残っている水ぼうそうのウイルスが神経を通って、左右どちらかの皮膚に痛みや水疱(すいほう)が出現する疾患です。 今年の夏は寒暖差が激しく …

続きを読む

はこだて医療情報に登録されている詳細ページリスト(50音別)

医科 歯科  
医科 歯科  
医科 歯科  
医科
医科 歯科  
医科 歯科  
医科 歯科  
医科 歯科